レーシック手術を受けられない人もいるって、知ってました? ・17歳以下の人 ・妊娠中の人 ・目に疾患がある人 こういった人は、レーシック手術を受けられません。 まず、17歳以下の人についてですが、17歳以下の人はまだまだ成長途中にあるんです。 体だけでなく、眼球も成長しているので、近視が進行している途中であったりします。 そのため、レーシック手術を受けることができないのです。 次に、妊娠中の人についてですが、妊娠していると赤ちゃんに影響が出てしまうので、薬を服用することができません。 レーシック手術を受けた後の薬なども飲むことができないために、妊娠中の人はレーシック手術を受けることができないとされています。 また、授乳中も、薬を服用した場合の母乳への影響を考慮し、レーシック手術を受けられないことになっているのです。 最後に、目に疾患(いわゆる病気のことです)のある人についてですが、白内障や円錐角膜、視神経障害などがある人は、レーシック手術を受けることができません。 目だけでなく、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)などを患っていても、治癒力の問題でレーシック手術を受けることが出来ませんねー